西日本最初の「下肢静脈瘤」専門クリニック

西日本最初の下肢静脈瘤専門クリニック

下肢静脈瘤は、ふくらはぎの静脈がこぶのように膨らみ、曲がりくねって青黒く見える疾患です。
足の静脈には皮膚近くを走る表在静脈(伏在静脈)と中心部を走る太い深部静脈があります。

足の静脈の血液は、「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋肉の収縮・弛緩(ポンプ作用)の
収縮する時に、中心部の深部静脈が圧迫されることによって、心臓に送り返されます。表在静脈
(伏在静脈)に血液が逆流しないのは逆流防止弁があるからです。

この伏在静脈の弁に長い間負荷がかかると、最終的に壊れてしまいコップの底が抜けたように、
静脈の血液が下方に向かって逆流します。こうしてふくらはぎに乳酸などの老廃物質を含んだ
静脈血がうっ血し、静脈がこぶ状に膨れるのが下肢静脈瘤です。

下肢静脈瘤は、汚れた静脈血のうっ滞により足がだるい、重い、疲れやすい、むくむ(浮腫)、
就寝中にこむら返り(有痛性筋痙攣)が起こる。などの症状があります。また、なんとなく
足がほてる(熱感)、時々足が痛い、皮膚がかゆい、湿疹が出るなどの症状も見られます。
下肢静脈瘤は皮膚表面からの深さと太さにより4種類あります。
@  伏在静脈型静脈瘤
A  側枝型静脈瘤
B  網の目状静脈瘤
C  くもの巣状静脈瘤
伏在静脈型静脈瘤が最も多く見られます。それぞれ種類によって治療法が異なり、
BとCには硬化剤を用いた注射療法で治療できます。
伏在静脈型 側枝静脈型 網の目状 くもの巣状
女性に圧倒的に多く、妊娠による腹圧の上昇、ホルモンの変化に伴う逆流防止弁の
変形によるものです。また長時間の「立ちっぱなし」の仕事の美容師、理容師、看護師、
教師などに多く、逆流防止弁に重力による持続的な負荷がかかり、最終的に弁が壊れて、
静脈血が逆流をおこします。
また、遺伝的素因も大きく関与し、親子、姉妹などによくみられます。
放置しておくと、血栓性静脈炎、結合織炎、慢性湿疹、皮膚炎、色素沈着、静脈瘤から出血
したり、難治性潰瘍になることもあります。
また、肺塞栓症いわゆる、「エコノミークラス症候群」を引き起しやすくなります。
慢性湿疹 色素沈着 皮膚炎 色素沈着+難治性潰瘍 出 血

清水クリニック -下肢静脈瘤専門クリニック-
〒732-0817 広島市南区比治山町3-14-101 リバーサイド比治山 1 階 
082-567-0808(電話)
  082-567-0809(FAX)

Copyrights(c) Shimizu Clinic All Rights Reserved