西日本最初の「下肢静脈瘤」専門クリニック

西日本最初の下肢静脈瘤専門クリニック

      当院の日帰り手術の特徴−『手術後1〜2時間休息した後、帰宅できます』
 1.日常生活のリズムを変えることなく手術が受けられます。

  多忙なビジネスマン、自営業者の方、子供や家族の世話で長時間家を空けられなし主婦などには、
  朝から昼過ぎまでの(半日)滞在ですので、拘束時間が短く、早期に家事、仕事への復帰が可能です。
  入院生活に馴染めない人にも最適です。

 2.入院に伴う煩わしさがありません。
  子供、老人の世話を誰かに頼んだり、仕事や家事の段取りを整える煩わしさ、精神的な負担が軽くて
  すみます。

 3.医療費が安くすみます。
  入院費が不要で、治療費が安くすみます。

 4.体への負担が少なくなっています。
  最先端の血管内焼灼法を併用したストリッピング手術は、体への負担を最小限にして、迅速、確実、安全
  に行うことが可能となっています。手術室には歩いて入り、手術後は歩いて出ることができ、30分後には
  トイレへの歩行ができます。手術の付き添いは不要です。1〜2時間の休息後に退院できます。
  日常生活への復帰もその日からでも可能です。


          『皆さまを、より早く、安全に、元気で、ご自宅にお返しします。』

清水クリニック -下肢静脈瘤専門クリニック-
〒732-0817 広島市南区比治山町3-14-101 リバーサイド比治山 1 階 
082-567-0808(電話)
  082-567-0809(FAX)

Copyrights(C)Shimizu Clinic All Rights Reserved